HOME > キャリアUP7つのノウハウ > その6 面談の際のポイント

その6 面談の際のポイント

今回は転職先との面談において気をつけておきたい点をお伝えします。

企業は極論すると「あなたはうちの会社にどう貢献できるんですか?」というところを聞きたいのです。
特に転職の場合は職歴があるので、具体的に自分の能力や適正をアピールしなければならないという難しさがあります。

逆に言えば今までの職歴を上手くアピールできれば、採用の確率も飛躍的に向上することは間違いないでしょう。

ここでは転職面談で多い質問をまとめてみたので、ぜひ参考にして転職の成功につなげてください!

転職の面談で多い質問

1. 志望動機

志望動機はどの面接でも確実に聞かれる項目です。
「転職をしてまで自分が実現したいことはなんなのか?」この問いを自問自答し、きちんと整理して答えられるようにしておきましょう。

2. 以前の会社を辞めた理由

辞めた理由を聞かれたときに前職の批判や愚痴になってしまう場合が多々あります。
嫌だから辞めたというのではなく、これからどうしたい、どうなりたいからといった前向きさを意識して受け答えをしましょう。

3. なぜ当社を志望したのですか?

その会社で何がやりたいのか、今までの経験のどんな所が活かせるのかを整理して話しましょう。第一志望の会社ではない場合もあるかもしれませんが、あくまでも第一志望だというスタンスで答えましょう。その為には、その会社の情報はしっかり調べておきましょう。特に理由がないというのだけはいけません。

4. 他に受けている企業はありますか?

数社希望するのが一般的ですので、正直に何社希望しているか言いましょう。その中で第一志望はその会社であるという事をはっきり伝えることが重要です。

5. これまでの仕事の中で最も印象に残っている事は何ですか?

あなたが現在、志望した企業とは別の業界の仕事をしていたとしても、転職先の業界、職種に関連したエピソードを絡めて答えるのがベストです。○○という困難があったが、××という工夫(努力)によって乗り越えることができ今でも印象に残っている、などというストーリーを構成できれば効果的に自分をPRすることができます。

6. 長所と短所は何ですか?

長所と短所は必ずあります。大切なのは具体的な事例を交えて話すことです。
長所に関しては周囲の人の評価なども加えて話すと説得力が増します。
短所に関しては言いっぱなしではなく、克服する為に何をしているか、積極的に変えていこうとしている姿勢を見せる事が重要です。

長所と短所を同時に聞かれた場合は長所の話に8割をおくくらいで話しましょう。そのほうが好印象を残しやすいです。

7. 壁に当たった時、どのような対処をしますか?

今までどんな苦労をしてきたのか、困難にぶつかった時どう対応するか。
この質問はあなたの考え方がプラス思考かマイナス思考かを聞いています。問題解決能力、根性なども大切でしょう。

8. 10年後のビジョンは何ですか?

10年後に限らず、3年後や5年後のビジョンを質問される場合もあります。
将来のビジョンを持ちそれに向かって努力している人は、見ている方もその人に対し将来性を感じます。
できるだけ抽象的な答えではなく、具体的に10年後はどうなっていたいか正直に答えましょう。
プライベートな内容だと親近感も生まれますので相手に好印象を与える事ができます。

9. どのような仕事をしたいか?

具体的にあなたの目標やビジョンを聞いています。あくまで仕事上でやりたい事とその理由、実現するための方法も合わせて答えましょう。

10. あなたにとって仕事とはなんですか?

正解不正解はありませんが、論理的に答えることが重要です。また、仕事に取り組む姿勢を判断される質問でもありますので自分の中の前向きな部分を全面的にアピールしましょう。

11. 職場での人間関係で気をつけていることは?

一般論や理想論ではなく自分の経験を踏まえて話しましょう。
失敗談や成功談を題材に学んだことから気をつけている事は話すと説得力もあり、好印象を残す事ができるでしょう。

12. 何か質問はありますか?

企業の採用担当者は、あなたにどれぐらいの熱意があるのかを試すためにこの質問をしています。事前に企業のことを調べていないと出てこないような質問は好印象を与えるので、そのためにも会社の情報はしっかり調べておきましょう。

ページ上部へ

お問い合わせ