HOME > キャリアUP7つのノウハウ > その2 第3者からの視点

その2 第3者からの視点

今回は金融業界での転職活動をする上で、多くの情報を収集すること。特に第3者からの意見を取り入れることの大切さについてお話します。

あなたが今現在転職を考えているのであれば、その理由はたくさんあるかと思います。
「現在の仕事よりも充実できる仕事を探したい!」
「給与面でもっと条件の良いところを探したい!」
「将来のキャリアアップのために成長できる環境を探したい!」

希望は個人でそれぞれ違うかもしれませんが、共通していることは「自分にとってより良い職場を探したい!」という気持ちでしょう。

しかし、本当にあなた一人でそういった環境を探すことができるのでしょうか?

給与面などの条件的なことであれば、あなた一人で探すことも可能かもしれません。しかし、実際の業務内容やキャリアパスなどはなかなか外からは見え辛いという実情があります。

また、その会社が自分に本当にあっているかということを判断するのは相当難しいことで、多くの転職者がここで躊躇い、時に転職を諦めてしまいます。

そんな悩みを解決してくれるのが、金融業界に精通したプロのキャリアコンサルタントが持つ第3者からの視点なのです。

プロのキャリアコンサルタントは条件面などのあなたの希望を聞き、その条件にぴったりの転職先をあなたに提示するだけでなく、その会社の雰囲気やその会社に入った後のキャリアパスまで考慮した上で、あなたにとって本当に幸せな転職になり得るかも一緒に考えます。

この時にあなたの希望職種に精通したキャリアコンサルタントであれば、金融業界動向やその金融機関の内情まで相当詳しく第3者的な意見を聞くこともできるでしょう。

転職活動をしていて方向性に疑問が出てきたら、また、自分に本当にあった環境を探したい!と心から望むのであれば、金融業界に精通しており豊富な経験のあるキャリアコンサルタントの、第3者としての意見に耳を傾けることも非常に重要なことなのです。

さらに付け加えて言うのであれば、第4、第5の意見を取り入れていくことももっとも最適な環境を探すためには必要となってくるでしょう。

ページ上部へ

お問い合わせ